衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

TOP > CS/BSってなに?> 衛星放送の仕組み > 1.地上波放送と衛星放送

1.地上波放送と衛星放送

テレビ放送には地上波放送と衛星放送の二通りがあります。
地上波放送は、放送局と家庭の間に中継所を設けて電波を送っています。地上の施設を使って電波を送るので、地上波と言われます。 (アニメーションは「地上波放送」の電波の流れです)

衛星放送は、赤道上空36,000kmにある人工衛星を使って、家庭に直接電波を送ります。衛星放送は、山など障害物が多い地域にも電波を送ることができます。
地上の施設(電波塔)から電波を送る地上波放送に比べて、はるか上空にある人工衛星から電波を送る衛星放送は、以下のような特徴があります。

  • 効率よく広域に放送ができる
  • 大容量の情報伝達力がある
  • 災害時に強い
  • 電波が建物や地形の影響で乱れることがない

このような特徴を生かし、衛星放送サービスが展開されています。

2.衛星放送の仕組みへ

page top