衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

情報公開

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe® Reader®が必要です。

page top

財務報告・事業報告

page top

放送基準

放送が「公共性」の高いメディアであるとの自覚に基づき、われわれの衛星放送もこれに則り、民主主義の精神と基本的人権を尊重し、言論および表現の自由と社会秩序を守ることを使命とし、国民に正確かつ有益な情報と健全なる娯楽を提供することを目的とする。

われわれの衛星放送は、各分野に分かれた専門放送であり、各局の放送内容も多種多様にわたるが、その社会的責任と影響を自覚し、良識をもって自らを律し、各分野における健全な文化の担い手として、その特性を生かし、内容の充実に努める。

以上の認識の上に立って、個々の放送の実施に当たっては以下の基準に十分留意する。

[1] 基本的人権を尊重する。
  • 1-2 人命を重視し、個人・団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない。
  • 1-3 個人情報の取り扱いには十分注意し、プライバシーを尊重する。
  • 1-4 人種・性別・職業などによって取り扱いを差別しない。
[2] 民主主義の精神に立って社会秩序を尊重する。
  • 2-2 順法の精神を尊び、いたずらに不安を煽ることを排する。
  • 2-3 政治及び政治に関わる事項並びに社会問題については、慎重に取り扱い、公正な立場を守る。
  • 2-4 人種・民族・国家に関することを取り扱う場合は、その感情を尊重する。
[3] 児童及び青少年の人格形成に対する影響を考慮し、健全な精神を尊重させるよう配慮する。
  • 3-2 児童向け番組には、児童の品性を損なったり、児童の心身に過度な影響を与えるような言葉や表現・内容がないように注意する。
  • 3-3 武力や暴力を表現する場合には、児童及び青少年に対する影響がないよう考慮する。
  • 3-4 法律で未成年者に禁じられている行為を正当化することのないようにする。
[4] ニュース報道にあっては、事実に基づいて報道し、公正でなければならない。
[5] 信教の自由・各宗教・宗派の立場を尊重し、公正な取り扱いに努める。
  • 5-2 宗教に関する放送では、科学を否定するようなものは慎重に取り扱う。
[6] 健全な社会の形式を損なうような立場に与せず、表現あるいは取り扱いに留意する。
  • 6-2 著しく不快な感じや嫌悪感を与えるような表現や内容は避けるようにする。
  • 6-3 細かく点滅する映像や急激に変化する映像手法などについては、視聴者、特に児童や青少年の身体への影響に十分、配慮する。
  • 6-4 いたずらに人心に不安・動揺を与えるような内容は排する。
  • 6-5 暴力行為は如何なる場合も肯定的に取り扱わず、その表現は最小限にとどめる。
  • 6-6 犯罪を肯定したり、犯罪者を英雄視しない。
  • 6-7 とばく及びこれに類するものの取り扱いについては、不当に煽るようなことはしない。
  • 6-8 性に関する事柄は、未成年者に配慮のうえ、いたずらに嫌悪感をもたらさないようにする。
[7] 広告は真実を伝え、視聴者に利益をもたらし、健全な社会生活に役立つものを放送する。
  • 7-2 広告は内容・表現・取り扱いなどについて関係法令を遵守する。
  • 7-3 広告は視聴者に誤解を与えないもの、社会的常識を持ったものを扱う。
  • 7-4 広告は広告主(もしくは商品名)を明らかにし、責任の所在を明確にする。
  • 7-5 広告の時間総量は、媒体特性と媒体価値を十分に考慮し、各社が自主的に基準を定める。

※ 6-3の映像手法の基準については、日本放送協会と(一社)日本民間放送連盟が定めた
「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」に準拠する。
広告放送のガイドライン2015 参考資料P57~P58

平成11年1月制定
平成16年1月改定
平成27年1月改定
平成27年5月改定

page top

放送に係る契約における反社会的勢力排除のガイドライン

page top

ラウドネスに関するガイドライン

page top

広告放送のガイドライン2015

page top

個人情報の保護に関する基本的な考え方

page top

環境自主行動計画

page top