衛星放送協会は、協会会員社が提供する有料・多チャンネル放送の啓蒙、普及発展を推進する団体です。

TOP > もっと楽しむ多チャンネル放送! > 「話題の4K」高精細で臨場感あふれるこれからのテレビ!

「話題の4K」高精細で臨場感あふれるこれからのテレビ!

●4Kテレビ

テレビ画面の画素数が、フルハイビジョンの4倍あるテレビのこと。横の画素数が3840(約4000)。1000は1K (キロ)という単位で表現されることから「4Kテレビ」と呼ばれます。

今よりもキレイに!

●今よりもキレイに!

フルハイビジョンテレビの画素数は、横1920×縦1080で、縦横合計約207万(2Kと呼ばれます)ですが、4Kテレビは横3840×縦2160で合計829万となり、画素数比較でも2Kテレビの約4倍の画素数となります。解像度が高いので、今までのテレビよりもよりキレイで臨場感のある映像が楽しめるということです。

●4K放送、始まってます。

白黒テレビ、カラーテレビ、アナログ放送からデジタルテレビへとテレビはどんどん進化してきてますね。国もこの4K放送の普及、発展の為に支援しており、まずはCS放送で2014年には4K試験放送が開始され(NexTV-Fの「Channel4K」)、2015年3月には4K商用放送が開始(「スカパー4K 総合」、「スカパー4K 映画」)されました。2018年にはBS放送でも予定されており、2020年の東京オリンピックまでには、更に画素数の高い8K放送も、官民一体となって検討されています。

現在放送中の4Kチャンネルのご紹介

page top